※当ホームページ上における顔写真、動画等は、すべて本人の許可を得て撮影ならびに掲載しております。なお、無断転載等は固く禁じます。万一、転載等の事実をこちらが把握した場合、著作権法第21条、23条ならびに119条1項に基づき、厳正なる対応を取らせていただきます。

2016年9月17日~19日、

吃音ワークショップ2016in埼玉

開催しました!!

 大盛況のうちに終了しました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

 

特設ページ→こちら

報告・感想等はこちら

 ご参加いただきました皆様からの報告や感想を募集しています!宛先はこちら→saitamagenyukai@gmail.com

埼玉言友会のホームページへようこそ!

埼玉言友会は埼玉県を中心に活動する吃音のセルフヘルプグループです。

埼玉言友会では基本的に毎月1回、第3日曜日(14:00~17:00)に例会を開催、

また例会とは別に毎月1回、アカデミックな視点から吃音の問題(吃音の学問的基礎や臨床、周辺問題など)を学ぶ「吃音勉強会」を開催しています。※勉強会は毎月の告知をご参照ください。

その他「水族館例会」「動物園例会」なども企画して行っています。

また、今後の事業展開として、県内の「ことばの教室」への会員の派遣を積極的に進めようと考えております。成人し社会人として活躍する吃音者の生の体験を聴きたい!ということばの教室スタッフの皆様、埼玉言友会にぜひ、ご依頼ください。

ご依頼、お問い合わせはsaitamagenyukai@gmail.comまで。


   2015.2 日暮里例会との合同例会「認知行動療法」の模様


☆5月例会のご案内

※通常の例会ではなく、勉強会を行います。

【日時】

5月21日(日曜日)14時~17時

【場所】

桜木公民館 講座室2

大宮駅西口より徒歩7分

【内容】

 テーマ 「異なる障害を持つ人たちの体験を読もう・第1弾『脳性麻痺』(熊谷晋一郎著『リハビリの夜』)」

 今回から、新しい吃音勉強会のシリーズを開始します。題して、『異なる障害を持つ人たちの体験を読もう』です。

 障害ごとに、その体験の内容は変わってきますし、同じ障害でも、障害をどう捉えるのか、は、一人一人の当事者によって違います。それでも、もしかしたら、吃音以外の障害を持つ人の体験談の中には、吃音者にとって、『全く同じではないけれども、共感できる』『この体験には、身に覚えがある』『他人事とは思えない』と感じるような内容が、含まれていることもあるかもしれません。『全く同じだ』とも『全く違う』とも言えませんが、異なる当事者の語りに耳を澄ませて、自分の吃音の問題と照らし合わせながら、吃音者同士で語り合い、吃音と向き合う上でのヒントにできるような勉強会を運営できれば、と考えております。

 第1回は、脳性麻痺。昨年9月の全国大会で登壇された熊谷晋一郎さんの本『リハビリの夜』を参加者で読み、内容について話し合う会です。
 吃音者の人たちにとって、脳性麻痺はあまりなじみのない障害かもしれませんが、吃音者たちが『リハビリの夜』を読むことで、普通の人達とは違った視点で、面白い話し合いができると思っています。長い本なので、すべてを読むことはできませんが、大まかな本の流れと、いくつかの章を読みあい、吃音者という立場から、話し合いができれば、と考えております。

【動画】
『リハビリの夜』 熊谷晋一郎 著者メッセージ(字幕つき)
https://www.youtube.com/watch?v=WJ0aAxmMbNo

 

【参加費】

会員:150円、非会員:300円

お問い合わせ

メモ: * は入力必須項目です